BLOG

ブログ

NTTdocomo「LTEよりも1000倍収容できる、5Gの実験始めるよー」


DSC_7522
NTTdocomoは8日、世界主要ベンダー5社と第5世代移動通信方式に関する実験で協力することを明らかにしました。
今回、合同で実験する会社は、docomo、Alcatel-Lucent、Ericsson、富士通、NEC、Nokia、Samsungの計6社。

5Gとは、2020年のサービス提供を目指し、10Gbpsを超える通信速度、LTEの約1000倍にもおよぶ大容量化、M2M通信の普及に伴う端末数の増加や多様なサービスへの対応などを目指して研究が進められている次世代の移動通信方式です。

報道発表資料 : 世界主要ベンダーと5G実験で協力 | NTTドコモ

中でも気になるポイントとしては、

5Gとは、2020年のサービス提供を目指し、10Gbpsを超える通信速度、LTEの約1000倍にもおよぶ大容量化、M2M通信の普及に伴う端末数の増加や多様なサービスへの対応などを目指して研究が進められている次世代の移動通信方式です。

との事で、目標の提供時期の2020年を考えると「東京オリンピック」までにはサービスを開始し、日本の通信事業の先進性を世界にアピールして欲しいとは思います(ただオリンピック直近で5Gが始まる、レベルだと端末やインフラが隅々まで普及していないと考えられるので、実用性うんぬんよりもPRの域を抜けないと思いますが)

また「通信速度がLTEの1000倍になるー!?」と見出しで勘違いしそうですが、通信速度は従来の67倍(現LTE150Mbps計算)であり、1000倍になるのは容量の部分なのでご注意を。
容量が増えることにより「混雑時でも速度低下しにくい」ということや、パケット料金の単価を下げやすくなると思うので楽しみです。どれだけ理論値が高くても、すぐに混雑して速度が低下してしまうと身も蓋もないですからね。

そしてプレスを見ると「6社が違う周波数で違う内容の電波を飛ばして実験をする」という所まで分かります。
スクリーンショット 2014-05-12 2.10.22
残念ながらそこから先の知識には乏しく、具体的にどの様な利用と結びつくかまでは分からないのですが…。

浅い考えだと「5Gを搭載した最初のスマートフォンは富士通・復活したNEC・Samsungがdocomoから発売する」と言うシナリオを描いてしまいます。しかしながら昨今の端末メーカーはどの会社も厳しい戦い戦いをしているので、Samsungといえども2020年に日本市場でどうなっているのか分からないのが怖いところです。

ちなみにLTEスマートフォンが日本で出始めた時(NTTdocomo2011年冬)は、LTEの技術を始め、Android OSやチップセット自体あまり完成しきっていなかった為「バッテリー消費が速い」「電波の切り替えが下手くそ」「端末の発熱が凄い」など、実用性に難があったのも事実です。5Gの時には、是非ある程度の完成度で出て欲しいものです。


この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。

テレビに出ました!

カテゴリ

アーカイブ