BLOG

ブログ

docomo規制後の128KbpsのSIMをBlackBerryに挿して体感的なストレスを減らすハック


現在私のスマートフォンの使用はおおまかに以下の二台。

DSC01119

メイン番号:Xperia Z2 SO-03F(Xi SIM)
サブ:HTC J One HTL22(au 4G LTE SIM) ※主にテザリングで使用

基本的にはメインのZ2で全てを済ませ、サブのJ Oneはほぼテザリングオンリーでの使用。

現在のdocomoのプランは新料金プランの「カケホーダイ&パケあえる」を申し込んでおり、通信は2GBまで高速で使えるデータパックSをチョイス。

しかしながらちょっとした外出時はZ2を単体で使う事も多く、結果として2GBへは10日で到達し、128Kbpsの通信制限を喰らった。

※通信制限後も1GB1,000円を支払う事で解除が可能。
カケホーダイ&パケあえる : 料金表 | 料金・割引 | NTTドコモ

ハイスペックなXperia Z2でも、通信が128Kbpsだとボトルネックとなり、通常時とのギャップからやはり低速はストレスが溜まる。

1,000円払って制限を解除しても良かったのですが、サブのauは1GBも使っていない為「規制SIMをスペックの低いBlackBerryで使う事でギャップを埋めて運用する」と言うあえて挑戦をしてみました。

BlackBerry Bold9900は128Kbpsでも十分!!

と、言う事で2台のスマホの組み合わせを変更。

DSC01120

メイン番号:BlackBerry  Bold9900(Xi SIM)
サブ:Xperia Z2 SO-03F(au 4G LTE SIM)

BlackBerry Bold9900は2年前の2012年の春モデル(ホワイトは秋に登場)した旧機種で、日本で発売された最後のBlackBerry。スペックは今となっては低く、重い作業も難しい為 、規制されたSIMでもさほど辛さは感じない。
(速度制限10kmの道路をF1カーで走るとノロノロと感じストレスが溜まるが、原付で走るとあまり不満に感じない的な)

BlackBerry自体は小さくて軽いので長時間の通話とも相性がいいので、カケホーダイを申し込んだメインのSIMで使うのは悪くないとも思う。

スマートフォン王国!!-発売から二年以上経った今でも使いドコロ満載なBlackBerry BOLD9900レビュー

ちなみにSO-03FはドコモショップにてSIMロックを解除し、SIMフリー状態にしている。docomo端末とauのSIMを組み合わせた場合、LTEのBand1しか掴まないため、Band1専用機となるが、意外とエリアの穴はなく、速度も20Mbps前後は安定して出る為、HTL22で使うよりも快適だったりする。
※auとしてはSO-03Fでの動作確認を取っていない為、使用は自己責任で(汗

ちなみにBlackBerry純正のレザーポーチがひらくPCバッグのベルト部分にジャストサイズで取り付ける事ができた。

DSC01121

黒くれ見えにくいですが…カチッとハマるのでブラブラせず、安心して仕舞えます。

DSC01122

運営としてはZ2(docomo 規制SIM)&J One(テザリング常時ON)でも凌げますが、大きめの端末を2台常に持ち歩くダルさとたまに使って楽しいBlackBerry&快適なauのBand1の天秤の結果、月末まではこの組み合わせで行こうと思います。


この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。