BLOG

ブログ

タイピングをサポートしてくれるPC用スタンド「TUNEFOOT」レビュー


MacBookの新キーボードはかなりタイピングしやすいと個人的に思っている訳ですが、角度をつけるとより入力しやすくなることに気がつき、スタンド「TUNEFOOT」を購入しました。

画像 - 8
※6月1日に注文し、3日の昼には沖縄に届きました。迅速な対応ありがとうございます。

シールでの装着になるので、MacBook専用というわけではなく、様々なデバイスで使える。
画像 - 9

本体のスタンド二つに、予備のシールが二枚。指で比較していますが、かなり小さいです。
画像 - 10

少し分かりにくいですが、少し反っています。
画像 - 11

実際にスタンドを開くとこんな感じ。色んな角度からどうぞ。
画像 - 12

画像 - 13

画像 - 14

実際にMacBookに装着。実は、TUNEFOOTとMacBookのカーブ角度が違うため、若干浮いています。
画像 - 15

「あれ?これもしかしてすぐ剥がれないか?」と不安になりましたが、約10日ほど使って大丈夫そうなのでこのエントリーを書いております。

MacBookの足を覆う形で、設置しました。
画像 - 16

画像 - 18

実際に使ってみて

スタンドを開かなくても、TUNEFOOTのサイズで若干角度が付きます。
画像 - 2

開くと結構持ち上がり、キーボード部分に角度が付きます。
画像 - 1

実際に使ってみると、タイピングスピードは僅かに向上。寿司タイピングの中級のアベレージが、8000円から8500円くらいに上がる感じ。

しかしながら、速さ以上に手首への負担が少なくなった気がします。長時間打っても疲れないので、トータルでのパフォーマンスは間違いなく向上します。

また、MacBookはファン非搭載のため底が結構熱くなるのですが、浮くことで若干放熱されている気がします。熱くなるとMacBookのパフォーマンスも落ちますので、メリットとも言えます。

重さは5gですが、閉じた状態でも10mmくらいの厚みがあるので、収納時には注意。
※ひらくPCバッグでは全く問題ありませんでした

およそ2,000円・5g・厚さ10mmほどの投資で、手首とマシンのパフォーマンスを向上させてくれるTUNEFOOTの満足度は結構高かったのであります。


この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。