BLOG

ブログ

SmartWatch 3はプールでも使えるけど実用性はあまりないかも


SONY製のAndroid Wearを搭載した「SmartWatch 3」をプールで使ってみました。
画像 - 1 (1)
SmartWatch 3の防水性能はIPX8で、水中での利用時でも浸水しない作りになっている。

※Apple WatchはIPX7相当で、シャワー程度であればOKで水中での使用は厳しいかも

今回のプールで使用したシチュエーションは以下の通り

・水深0.5mほどの子供用プール
・クロール・バタフライなどの激しい泳ぎはせず
・使用時間は1時間程度

限りなく「水遊び」に近い内容ですが、壊れることなく左腕で動き続けていました。

しかしながら、腕を水中に沈めたり水滴がSmartWatch 3に付くと結構な確率で誤作動を起こし、「通知なのか誤作動なのか」判断が付かないバイブ攻勢で「実用性はないな」と判断。

また、プールサイドに置いていた親機のXperia Z3 Compactから数十m離れるとペアリングが切れるので通知は来なくなり、誤作動発生マシーンの完全体になる。

Xperia Z4などでは水滴でタッチパネルが誤反応しないようにチューニングされていることから、次期SmartWatchでも同じ様にチューニングして欲しいところ。


この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。