BLOG

ブログ

凄く身勝手な理由でdTVよりもiTunes レンタルで映画を見るようになった

月額500円(税別)で映画やドラマが見放題になるドコモのサービス、dTVですが最近残念なことに見る機会が減っております。
DSC00422.JPG

dTVはChromecastを使えばテレビに出力もできるので、月額500円でかなり楽しめるサービス。

使用機会が減った理由は明確で「多すぎるラインナップから2時間費やす1本を決められない」から。

家で映画を見る場合はどうしても「連続した2時間でできること」との戦いになり、仕事や睡眠、読書やゲームなどと天秤にかけて映画が「1位」にならないと見るモチベーションが湧いてこない。作品が多くても「この映画見るくらいなら寝よう」などとなり、結果として使用機会がどんどん減る。

dTVの中にも名作は多いのですが、3年加入した中でそうした作品は殆ど見てしまい、結果として「有料だけど新作が豊富なiTunesでレンタル」してApple TVで見ることが多い今日このごろ。

それでもdTVの会員を続けているのは「500円だからいいか」って気持ちと「見たい映画が追加で配信されないかなー」という淡い期待から。

内容や金額とのバランスを考えるとかなり優れたサービスだと思うけど、ある程度映画を見続けるとどこかのタイミングでこうした「卒業」状態になるのが映像コンテンツのストリーミングサービスなんだろうな。

この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。

テレビに出ました!

カテゴリ

アーカイブ