BLOG

ブログ

Apple Watchの充電タイミングは「お風呂に入る時」

どーも、モバイルプリンス(@mobileprince_PR)です。

購入してからおよそ一ヶ月Apple Watchを使ってきましたが、やっと充電のタイミングが分かってきたので紹介します。
DSC00730

現在愛用しているのはApple Watch Sportsの38mmモデル。

Apple公式の情報では「色々と使うと最大18時間」「時計の確認だけだと最大48時間」と条件によって数値が変わります(当たり前だ)

私は1時間に数回の通知と時計の確認をしている程度の使い方。
そうすると大体1日半バッテリーが持ちます。

この半端なサイクルが厄介で、「バッテリーが切れる直前に充電しよう」と思うと、充電するタイミングが定まりにくく、気がついたらバッテリーが切れていたということも多々ありました。

寝ている間に充電すると朝アラームとして使えないですし、朝の身支度の間に充電すると、計測しているアクティビティがノーカウントになる(朝の準備の時って結構動いているんですよね)ので、本当にタイミング分からず。

しかしながら、風呂に入る時は必ずApple Watchを外すので、この時間で充電すると万事解決することに気が付きました。
DSC00246

充電のクレードルとして使っているのはAmazonで売っていた手頃で竹製のやつ。
DSC00247

iPhoneも同時充電できるので、まぁベターな感じ。

入浴時間が短いと、充電が完了していないことも多々あるのですが、70%くらい残っていれば1日持つから問題なし。

と言うことでこのルーティンでApple Watchを充電していれば殆どの人はバッテリーで悩むことはないんじゃないかと思います。

それではTodayはこの辺で。

ではではではー!

この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。

テレビに出ました!

カテゴリ

アーカイブ