BLOG

ブログ

iPhoneの容量は16GBじゃダメですよ?


どーも、モバイルプリンス(@mobileprince_PR)です。

はてなブックマークでバズってたこのエントリにどうしても言いたくて、書いてみます。
現在、iPhone 6s Plusの16GBを買った僕は非常に後悔しているからです!!!!

そもそも、私も音楽や画像が多い方なので128GBを狙っていました。
しかし、レビューの仕事の関係上「ローズゴールド」を早めに入手する必要があったため、入荷が早い16GBを妥協して購入。

その時には「クラウドサービス使えばどうにかなるだろう」と軽い気持ちで考えていました。

まず最初の落とし穴ですが、16GBモデルは16GB自由に使えないということです。
これを見てください。自由に使える領域は「11.5GB」です。
写真 2016-03-27 21 57 01
「俺、初任給16万円だ!!あれ、手取り11.5万!?」みたいなバッドサプライズがありまして。
ストレージが全て自由に使えないのは当たり前ではございますが、ベースが少ないだけに4.5GB減は非常に痛いんですよ。

先ほどの記事の方も9.2GBは使っておりましたので、残りは2.3GBになります。
(勿論16GBを使うと、節約して数値変わるでしょうが)

16GBを使う方はまずここを覚悟してください。

次なる落とし穴は各種アプリのキャッシュです。

例えば私は写真は「59枚」しか保存していないのですが、813MBも容量を割かれています。
ほとんどキャッシュです。
写真 2016-03-27 21 57 21

Twitterアプリのサイズは67MBですがデータのキャッシュが400MB、Facebookもアプリのサイズは98MBでキャッシュが439MBです。

こんな感じでそれぞれのアプリケーションがヘビーなキャッシュを持ってくるので、空き容量はどんどん少なくなります。

iTunesにて一旦バックアップをとった後に復元をかけると、キャッシュが消えて空き容量は9GBくらいになるのですが、1週間で元通りです。
ですので、毎週バックアップ→復元を繰り返すことができる方は16GBでも大丈夫かもしれませんね!

 

画像、音楽のコンテンツをほとんど保存せず、容量の大きいオフィス系アプリは諦め、ゲームも試しで使っているMiitomoのみ。
iPhone 6s Plusの素晴らしい「光学手ブレ補正が使える動画」なんて、夢のまた夢です。

法人契約で「通話とメール」しか使わないならともかく、最低限のSNSや写真撮影、ちょろっとのゲームでもかなり厳しいのが現状の16GBモデルです。

Appleも16GBは終了して32GBスタートにすればいいのに…と思いますが、営業戦略上しばらくは続きそうです。

それではTodayはこの辺で。

ではではではー!

 


この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。

テレビに出ました!

カテゴリ

アーカイブ