BLOG

ブログ

モニョモニョしているけどKindle Oasisを買うことにしました


どーも、モバイルプリンス(@mobileprince_PR)です。

Amazonの電子書籍リーダー「Kindleシリーズ」の最上位機Kindle Oasisが4月27日に発売されます!
Kindle Voyageを愛用し、後継機種を心待ちにしていたユーザーとして色々と思うことがあったのでまとめてみます。

※Kindle Voyageのレビューはコチラ

バッテリーカバーはオプションにすべきでした

取り敢えず、現行のKindleシリーズで比較。

Wi-Fモデル

Kindle

KindlePaperwhite Kindle Voyage Kindle Oasis

発売 2014年10月 2015年6月 2014年11月 2016年04月
価格
※カッコ内は
キャンペーン情報
の有無
8,980円(つき)
10,980円(なし)
※プライム会員は
4,000円割引
14,280円(つき)
16,280円(なし)
※プライム会員は
4,000円割引
23,980円(つき)
25,980円(なし)
35,980円(つき)
37,980円(なし)
ディスプレイ
サイズ
6インチ 6インチ 6インチ 6インチ
解像度 167ppi 300ppi 300ppi 300ppi
内蔵ライト なし あり あり あり
本体容量 4GB 4GB 4GB 4GB
サイズ 169×
119×
10.2mm
169×
117×
9.1mm
162×
115×
7.6mm
143×
122×
3.4mm-8.5mm
重量 191g 205g 180g 131g

Wi-Fi+3Gモデル

KindlePaperwhite Kindle Voyage Kindle Oasis

価格
※カッコ内は
キャンペーン情報
の有無
19,480円(つき)
21,480円(なし)
※プライム会員は
4,000円割引
29,180円(つき)
31,180円(なし)
41,190円(つき)
43,190円(なし)
重量 217g 188g 133g

無印Kindleを除く、Paperwhite・Voyage・Oasisの3機種は、解像度・ストレージなどのスペックが一緒で、大きな違いは「サイズ」と「重量」になる。上位モデルほど、薄くて軽い。

そうなるとKindleを選ぶ場合の基準は明確で、「薄さ・軽さにどこまでお金を突っ込めるか」と言うことになります。

Kindleの電子書籍は、スマホやタブレットのアプリでも使うことができます。
そうした中で専用端末が約35,000円で、解像度やストレージなどが15,000円のモデルと一緒と言うのは、なんだかなーという感じ。
要するに「なんでこんなに高いんだよ!」と叫びたくなるんですよ。

Kindle Oasisには専用のバッテリーレザーカバーが同梱。
スクリーンショット 2016-04-18 0.54.00
Voyage用のレザーカバーが6,480円なので、仮にこのバッテリーレザーカバーが同額だとしたらOasis単体は29,500円で販売できることになる。
ギリギリ2万円代であれば、他のKindleと比較してもまだ納得感の行く価格じゃないでしょうか?
やはり今回はカバー同梱が悪手になったとしか思えません。

また、このカバーを着けることで、バッテリーの連続駆動が「数週間から数ヶ月に」伸びるとのことですが、Amazonは無人島に漂流したことを想定しているのでしょうか?
HカップとPカップみたいな感じで、その領域だともう誤差のように感じますよ。

高い金出して薄くて軽いモデルを買ったのに、レザーカバーを着けて厚く・重くするとか本当に本末転倒。

「ぼくのかんがえるさいきょうのきんどる」は、防水対応、ストレージを32GBまで増やして漫画を大量に保存できるようにして欲しかったです。
それなら35,000円も喜んで出しますよ。

と、言うことで基本的には不満がタラタラなんですが、取り敢えず予約をしてしまいました。
スクリーンショット 2016-04-18 0.53.50

高いとは感じましたが、Kindle Voyageを売却し、その金額を購入費用の足しにできることと、131gの重量が魅力だからです。

Kindle Voyageを購入してから1年半、本は沢山購入しましたし、寝る前のルーティンにもなっています。

カバー同梱がガンなだけで、デバイスそのものは悪くは無さそうなので、とりあえず使ってみます。

到着しだい、コチラで感想を書きたいと思います。

それではTodayはこの辺で。

ではではではではー!


この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。