BLOG

ブログ

【6/2 23:59まで】ポイント50%還元のKindle本オススメ5選!

どーも、モバイルプリンス(@mobileprince_PR)です。

Amazonの電子書籍ストアKindleでは、現在50%オフ&50%ポイント還元の大セールをやっております。
セール対象の中から、僕が読んだオススメの本5冊を紹介したいと思います!
期間は6/2 23:59までなので気になる方はお早めに!

ちなみに、5冊の内訳は池上彰著3冊、町山智浩著2冊と非常に偏りがあるのですが、実際に読んで面白かった本の中でセール対象になっているのがこの5冊だったからです。

セール対象の本は非常に多いので、ぜひこの機会にチェックしてみてください!

【広告】

【1】池上彰著 世界を変えた10冊の本

本を紹介するブログで最初にオススメするのは本を紹介する本。

少し難しいテーマも、池上節でサラッと読める味付けになっております。

本の中で紹介している10冊の本は以下の通り。

『アンネの日記』
『聖書』
『コーラン』
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』
『資本論』
『イスラーム原理主義の「道しるべ」』
『沈黙の春』
『種の起源』
『雇用、利子および貨幣の一般理論』
『資本主義と自由』

軸となっているのは「宗教」と「経済」で、現在のニュースを読み解く上で欠かせない、基礎知識となっています。

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』なんかは、いきなり見ても意味が分からないと思うのですが、本文を引用しながら池上さんが解説しているこの本を見ておけば、恐らくスムーズに理解できそう。

Kindleの定価も551円と安いのですが、今回は更に安く、ポイントも付いてくるので取り敢えずポチって間違いない1冊だと思います。

【2】池上彰著 この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義

池上彰さんの東工大での講義をまとめたのがこの本。

テーマは、憲法改正からテレビのあり方、アラブの春までと、幅広いテーマを扱いがちな池上彰さんの著書の中でも飛び抜けて広い。
その分テーマごとの「深さ」はあまりないのですが、詳しく知りたければその分野の専門書を読めばいいだけで…。

個人的に好きなのは「なぜテレビ番組は54分に終わる?」の項目。
「他の番組より早く始めて、視聴者を獲得しようとしているのでは?」との学生の答えに、池上さんはかなり意外な答えを出してくれます(答えは本で確認してみてください)

こちらも現在のニュースを読み解く上での入門書になると思います。

【3】池上彰著 池上彰のそこが知りたい! ロシア

続いてはロシアに焦点を絞った1冊。

北方領土、プーチン、クリミア半島、ソ連崩壊、チェチェン、スターリンなど、ロシアという国についてサクッと知ることができます。

そもそもロシア近代史が悲劇も含めて非常に興味深い内容になってるので、どんどん読み進めることができます。

正直、ここで紹介している5冊の中で、一番読んでて楽しかった本です。

【4】町山智浩著 マリファナも銃もバカもOKの国 言霊USA2015 USA語録

続いては、アメリカ在住の映画評論家、町山智浩さんの著書。
とは言っても、この本は映画の話はほとんどなく、アメリカのニュース・話題を、在住者ならではの目線でまとめているコラム集。

一つのコラムは5,000文字くらい。町山さんの軽快な語り口と(下ネタ込みの)ジョークによって、隙間時間にサクッと読むことができます。

内容は本当に多岐に渡っているのですが、ネット関係の話題は、実際に日本でも起きている(起こりうる)ことも多く、他人事ではないなと色んな思いを馳せながら読みました。

【5】柳下毅一郎著 ベスト・オブ・映画欠席裁判

町山智浩さんと、柳下穀一さんの映画談義をまとめたのがこの本。
時に町山さんが大暴走するので、腹抱えて笑ったりしました。

映画は1997年のタイタニックから始まり、2006年の007 カジノ・ロワイヤルまで、ボリューム満載で色んな映画に突っ込んでいます。
見ていない映画などの話は少し置いてけぼりになるのですが、VODサービスを使って見れば問題無し。

過去の映画の公開当時の熱量はネットなど分かりにくいものですが、こうして本で見られるのは後追い世代からすると非常にありがたいです。

終わりに

「実際に読んだ本で」「オススメできる」「セール対象の本」の項目を満たすやつがこの5冊だったので、非常に偏りがあるのですが、この機会にぜひとも見て欲しいです。
Kindleデバイスを購入して、読書が増えたおかげでニュースや映画を見ても、関係性が非常に分かりやすくなりました。

安易な言葉からもしれませんが「生活の質が上がった」感じです。

と、言うことで私もセールを使って新しい本と出会いたいと思います。

それではTodayはこの辺で。

ではではではではー!

この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。

テレビに出ました!

カテゴリ

アーカイブ