BLOG

ブログ

赤瓦コースターの汚れを落とす方法「漂白剤につけ置き」


どーも、モバイルプリンス(@mobileprince_PR)です。

沖縄の赤瓦を使ったコースター、赤瓦コースターを愛用しているのですが、コーヒー汚れなどのちょっとした「シミ」を発見して、テンションが下がっておりました。

※赤瓦コースターのレビューはコチラ

今回、赤瓦コースターの中の人に対策を聞いてきたので、紹介したいと思います。

【広告】

漂白剤に10分

と、言うことでコチラが半年間愛用した赤瓦コースター。

エンターキーや「ろ」キーにコーヒーが少しだけ垂れて、シミとなっております。
img_1848

赤瓦コースターを製造している新垣瓦店の中の人に対策を聞いたところ、「漂白剤につけると落ちますよ」と教えてくれたので実践。

ボウルに水を張り、そこにキッチン用の漂白剤を流しこみます。
分量は割りと適当にやりました。

10分ほどで引き上げ、20分ほど乾燥させたのがコチラ。
シミが落ちて、綺麗になっています。
img_1847

赤瓦コースターはこんな感じで水をあっという間に吸います。

最近は持ち歩いて、スタバなどで使うことも多いです。
DSC00493

価格も702円〜とお得で、デザイン・カラーも豊富なので、見てるだけで楽しいです。

と、言うことで赤瓦コースターのシミに悩んでいる方は是非とも試してみてください。

それではTodayはこの辺で。

ではではではではー!


この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。