BLOG

ブログ

それでも私がDVD・CDのパッケージを買う理由


どーも、モバイルプリンス(@mobileprince_PR)です。

デジタル配信はおろか、定額制サービスの登場によってDVDやCDのパッケージを買う意味が薄れつつある今日この頃ですが、それでも自分の好きなアーティストや作品はパッケージ版を買いたいよね、というお話です。

今回はDVD・CDと言うことで話を進めていきますが、本や雑誌など「形あるコンテンツ」すべてに当てはまる話でもあります。

【広告】

買う理由は「次の作品を見たいから」

パッケージを買う理由として真っ先に挙げたいのが、そのアーティストの「次の作品を見たいから」
DVDやCDが発売され、あまり売れなかったとしたら、次の作品が出ない(あるいは時間がかかる)ことになります。

単純に映画や曲を見たい・聞きたいだけであれば、レンタルなどで済ますしていますが、次を楽しみにしているアーティストであれば積極的にお金を使っています。

※この1年の間で購入したDVD・CD

僕の場合は極端な映画・音楽好きではないので、好きなアーティストや作品を月に1回買うといった感じ。
それもCDの場合は、購入後iTunesに取り込めばもうタンスの中にしまいぱなっしに…それでも、次を考えてお金を払います。

「買い支える」と表現すると少し偉そうに聞こえますが、気持ちとしては「応援しています」という表明に近く、政治家への個人献金

こうした草の根運動は、制作規模が小さければ小さいほど影響は大きく、インディーズのミュージシャンなどを応援しているのであれば、積極的にCDを買って、さらにはSNSなどで発信すると、本人たちのモチベーションにつながるかもしれません。

※以前書いたこちらのエントリーと通ずる話ではあります

自分のポートフォリオとなりえる

パッケージを購入して、手元においておくもう一つの理由は「私はこういう作品で出来ています」というポートフォリオになるから。

自分が好きな、影響を受けた作品を手元に置いておくことで「俺の頭の中や感性はこれでできているんだな」と確認することがあります。

デジタルデータは便利で、物理スペースを使わず大量に保存できるというメリットがありますが、パッケージや実際の紙面と比べて「匂いや質感が残らない」という弱点も。パソコン(やスマホ)の画面の中だけで存在するものと、実際目の前にあって触ることができるものでは(自分の中での)大事さが変わってくるので「これはメモリアルな作品だ!」と思うものは買うようにしています。

非常に感覚的な話なのですが、映画や音楽などの感覚で楽しむものに関してはこうした気持ちはかなり大事だと思います。

(決して「デジタルコンテンツがダメ」という話ではなく、それぞれのメリット/デメリットの問題なので、僕はデジタルコンテンツも使っていますが)

特にオンデマンドサービス(HuluやNetflixなど)は、月額料金を払って楽しむ!という性質のサービスなので、どれだけ長く契約してもコンテンツが自分のものにはならないんですよね。

好きな人を恋人にしたい!という気持ちと同じように、好きなコンテンツを自分のものにしたい!という気持ちで今後とも購入していきたいと思います。

最後に

CDなどの場合であれば、歌詞カードやパッケージなど細部の作りを堪能することができるので、ファンであればなおさら買うべきでしょう。
cddvd - 2

こうしたことを今回書いたのは、以前20歳前後の若い子と話した時に「CDとかなんで買うんですかね。(違法)ダウンロードでいいじゃないですか」と普通に言ってて残念な気持ちになったからです。

職業柄、色んな人とスマホの話をするのですが、幅広い年齢の人がスマホのダウンロードアプリを使っているようで(ランキングでもいつも上位ですよね)、「なんだかなー」と思いながらも、パッケージやコンテンツにお金を出す理由というのを自分の中で明確にしながら、多くの人に広がって欲しいと思いました。

と、いうことでこのブログを見てくれている皆様はある程度大人でお金もある方だと思うので、自分がいいと思ったものには積極的にお金を払って行きましょうー。

それではTodayはこの辺で。

ではではではではー!


この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。