BLOG

ブログ

超ふわふわになるドウシシャの電動かき氷器を購入しました


どーも、モバイルプリンス(@mobileprince_PR)です。
家族からのリクエストもあり、殿堂のかき氷器を購入しましたのでご紹介。

ふわふわでかなり本格的なかき氷が作れるけど、氷の準備と収納に不安が…

【広告】

本格風なデザインと期待通りのふわふわの氷

今回購入したかき氷器はドウシシャの「電動本格ふわふわ氷かき器 ブルー DCSP-1651」

4,000円前後で購入できますが、かき氷専用機で「1年に何回使うんだろう…」と考えると少し高い感じもします。

本体と箱は割と大きめのサイズで、収納するにも存在感が…
DSC01112

「電動かき氷器のサイズってこんなもんじゃね?」という感じもしますが、「年に数回しか使わないのに、これくらい大きのか」と思ったのが正直なところです。

本体はレトロなデザインで、童心に返ってワクワクします。
DSC01113

本体の部分はプラスチックでできており、軽くてお手入れも楽です。
DSC01114

下から見た図。ねじを回すことで、氷の具合を調整できます。
DSC01115

この刃が動いて仕上がりが変化します。
DSC01117

使用する氷は、2個付属している専用のカップを使って作ります。
DSC01118

小さい氷でも作れなくはないのですが、ふわふわ仕上げにするために専用カップを使った方がいいでしょう。

付属分だと同時に2つまでしか作れないので、家族で楽しむためには追加でカップを買うか(ホームセンターで200円前後で販売)、一度氷を固めたら冷凍庫の氷室に入れて、次の氷を作ればOK。この作業が微妙に面倒臭く、食べたいと思った時すぐに対応できない可能性があるのが残念…。

と、言うことで実際作ってみます。

上のドリル部分を外し、氷を入れます。
DSC01119

外した上の部分が氷をガッチリとつかんでくれて、回転させます。
DSC01116

セット完了。
DSC01120

実際に作っている動画です。意外と音が大きいので注意が必要。
また、氷も飛び散るのでキッチンでやるか、タオルなどを敷いての利用をお勧めします。

まずはそこまでふわふわじゃない、通常モードで作ってみました。
DSC01121

THE普通のかき氷です。
町のパーラーとか、出店がこんな感じのかき氷をだしていると思います。
DSC01123

一方、ふわふわモードで作ってみました。こちらはぜんざいをかけて…
DSC01124

写真だと分かりにくいのですが、超フワフワ!
スプーンも、すっと入っていきます!オシャレなスィーツ屋のかき氷みたい。
DSC01125

電動なので出来上がるまで、数秒。力入らずでできます。
また構造上「子供が怪我をしにくい」作りになっているのも嬉しいところ。

氷が触れる箇所は取り外して洗えるので、清潔に保つことができます。
DSC01126

前述したように、利用頻度に対して「保管スペース」「氷を作る手間ヒマ」が異様にかかるのを、どう捉えるかで購買のラインが確定すると思います。
ということで、悩んでいる方の参考になればと思いますー!

それではTodayはこの辺で。

ではではではではー!


この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。

テレビに出ました!

カテゴリ

アーカイブ