BLOG

ブログ

ロフト付き物件は天井が高いからホームシアターに最適だった

どーも、モバイルプリンス(@mobileprince_PR)です。

現在私が家族と住んでいるのは、2LDK+2Loftの間取りのアパート。
ロフトは荷物が置けたり、子供たちの秘密基地のように使えるのでは?と思っていたのですが、意外や意外、ホームシアターで活躍してくれています。

【広告】

天井が高いことがプラスに!

ロフト付き物件のため、我が家の天井は、一般的なお家の天井よりも1mほど高くなっています。

※こちらは私の書斎。焦点距離の問題で天井まで入りきれていませんが、とにかく高いです
loft - 3

二つあるロフトのうち、書斎のロフトは高さが80cmほどで、どう活用するかまだ決まっていないのが正直なところ。
いずれはミニ四駆のコースなどを常設したいと思っています。
loft - 4

そんな天井の高い我が家で、ホームシアターをやってみようと小型プロジェクターを投影すると、投射距離が伸びてスクリーンサイズがでかくなりました
loft - 5

前のお家と比較すると、1.5倍ほどの大きさに。感覚的には100インチくらい。
loft - 6

今回使用したのはCANONの小型プロジェクター「C-5」
DSC01129

手のひらサイズ・169gの超コンパクトボディで価格も3万円を切っていて手頃。

輝度は50ルメーンしかない上に解像度も低いので画質的には褒められたものではないですが、Manfrottoのミニ三脚PIXIと組み合わせることで、ほぼ真上に投影することが可能。

リビングに布団を準備すると眠りながら見ることができ、この世の楽園のような視聴環境に

ロフトは「掃除がしにくい」「冷暖房が効きにくい」などのデメリットがあるものの、いざ住んでみるとこうした意外な発見があり、色々なことを挑戦したくなります。
今すでにロフト付き物件に住んでいる方は、小型プロジェクターを使ってホームシアターに挑戦してみてください!

それではTodayはこの辺で。

ではではではではー!

この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。

テレビに出ました!

カテゴリ

アーカイブ