BLOG

ブログ

Apple Watch Sport 38mmは、とにかく軽くてつけやすい


どーも、モバイルプリンス(@mobileprince_PR)です。

現在私が着用している腕時計型デバイスは、Apple Watch Sportの38mmモデルです。
価格が税別36,800円とラインアップの中で一番安いエントリーモデルですが、とにかく軽くてつけやすいのでご紹介。

【広告】

歴代のスマートウォッチの中で抜群のつけ心地!

スマートフォンと連動するスマートウォッチは過去に、Live View・SmartWatch・SmartWatch 02・SmartWatch 03(いずれもソニエリ・SONY)と使ってきて、今年の2月からはApple Watchを着用しています。

腕時計の圧迫感や通気性の悪さが苦手で「長時間腕時計をしていられない」体質だった私ですが、Apple Watchは不快になることなく、長時間つける事が可能でした。

SmartWatch 03は作りがしっかりしている分、ベルト部分が重い…
DSC01220

一方Apple Watchはシリコンバンドの構造が非常にシンプルで、ゴチャゴチャしていない。
DSC01221

重さを測ってみると、SmartWatch 03は74g。
DSC01219

Apple Watchの方は51g。
DSC01218

手首に巻くとこの23gの差はかなり大きく、長時間のつけ心地にかなり影響しています。

バンドのシリコンは薄く、初めて見た時はチープに感じたのですが、そのおかげで通気性も悪くない。
夏場は多少汗ばみましたが、思ったよりは気にならず無事に乗り切ることができました。
DSC01224

このApple Watch Sport 38mm・シリコンバンドは、ラインナップの中で一番安いエントリーモデルですが、その結果軽くてつけ心地が良いモデルに仕上がっているので後継機種が出て買い換える場合でも、このラインから選ぶことになりそう。

また、Apple Watch Sportを選ぶ理由に関して、ジャーナリストの石野純也さんのこの記述がすごく腑に落ちた。

先に述べたように、スマートウォッチは、その特性上どうしてもディスプレイを持たなければならない。一部例外はあるが、アプリをインストールできる多機能なものになれば、ディスプレイは必須の要素だ。外観がいくら高級とはいえ、ディスプレイはディスプレイ。ここにアナログを模した針を表示すると、比較対象が本物の時計になってしまい、立体感がない点がチープに見えてしまう。であれば、思い切ってポップなデジタル時計として持った方がいい。これが、Sportを選んだ理由だ。

ITmedia Mobile-Apple Watchで感じた心地よさと物足りなさ――待たれる“キラーアプリ”の登場

と、いうことで腕時計型デバイスは「つけ心地」に加え、「軽さ」も重要なファクターになるので購入する場合は考慮してみて選んでくださいー!

それではTodayはこの辺で。

ではではではではー!


この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。

テレビに出ました!

カテゴリ

アーカイブ