BLOG

ブログ

Kindle UnlimitedとKindle端末の絶妙な相性の悪さ

どーも、モバイルプリンス(@mobileprince_PR)です。

Amazonが開始した電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」は120万冊以上の本・コミック・雑誌が、月額980円で読める太っ腹なサービスです。
しかしながら、愛用している電子書籍リーダー「Kindle」との絶妙な相性な悪さを感じたため、お試し期間の1ヶ月で解約をしました。
今回はそんなお話。

【広告】

ストアでのもっさり感とバッテリー消費

現在私はKindleシリーズの最上位モデル、Kindle Oasisを使っております。
価格設定に多いに不満はあれど、もの自体は悪くないと思っているのので日常的に使っています。
kindleoasis - 1

Kindleシリーズは、ディスプレイに電子ペーパーを採用していることもあり、全体的なレスポンスが今時のタブレットやスマホに比べると宜しくない。

実施にストアを開くとこんな感じ。

実際の読書では気にならない速度ですが、ストアの場合は情報量も多いため、ちょっとストレスが溜まる感じに。

こうした「ストアでのレスポンスが悪い」というのは、通常の利用でも同じなのですが、Kindle Unlimitedの場合は「読み放題」のため、ストアをウロウロする頻度が上がり、余計に気になります。

Kindle Unlimitedで本を探す場合は「Kindle Unlimitedストアに入る→その中で本を見つける」という作業をするのに対し、通常のKindle本を買う場合は「読みたい本をピンポイントで検索する」「WEBで見かけたセール情報からダイレクトに購入する」など、そもそもストア内で検索していないことにも気がつきました。

また、本をハイペースでダウンロードしたり、コミックを読んだりするとKindle Oasisのバッテリー消費が物凄く早くなり、Kindleそのもののメリットも弱くなります。

「月額制でいっぱい読めるよ!」というKindle Unlimitedの仕組みが、Kindleデバイスとうまくマッチしていないような気がして、モヤモヤしているのでした。

さらに私個人としても読書ペースは早い方ではなく、お気に入りの本を何度も反すうして読むため、Kindle Unlimitedは解約して今まで通りの読書に戻すことにしました。

今度、コミックや本のラインアップがさらに充実してきたら復帰するかもしれないけれど、今の内容だったらマイペースで好きな本を読みたい。そんな気分です。

それではTodayはこの辺で。

ではではではではー!

この記事をシェア・購読する

モバイルプリンス
沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。(アバターにマウスオーバーすると…)

こんな記事もオススメです

プロフィール

モバイルプリンス

沖縄出身・在住の"自称"王子。スマートフォンやデジタル製品に目がない。ラジオ、テレビに出演する他、商用メディアにて記事を寄稿したりして生活をしております。

テレビに出ました!

カテゴリ

アーカイブ