kindlevoyage

Kindle Voyage/Kindle Paperwhite/Kindle 比較や違いをまとめ


Amazonの電子書籍リーダー、Kindleシリーズについてまとめているページです。   現在、日本では3種類のKindleがあります。「Kindle Voyage」「Kindle Paperwhite」「Kindle」です。 いわゆる「松竹梅」の3モデル展開で、価格やスペックが違います。 kin - 1 kin - 2 無印のKindleは金額的に安いのですが、ライトを搭載していないため、暗い場所での読書がNG。また解像度の低さとレスポンスも悪いので、正直あまりオススメできません。 残るはVoyageとPaperwhite。Voyageの方が1万円ほど高いのですが、若干本体が軽いことと、ページめくりボタンがついています。 ページめくりボタンは左右どちらでも進む/戻るボタンが押せるので、寝転がりながら片手で読書するにも快適です。 正直コストパフォーマンスとしては圧倒的にPaperwhiteでしょう。しかしながら、電子書籍を今後数万円分買って読書することを考えると、ハードに1万円投資し、快適な環境を整えることも間違っていないと思います。 ですので個人的にはVoyage>Paperwhite。 ちなみに、キャンペーン情報は絶対にない方がいい。 キャンペーン情報があると壁紙に広告が出るのですが、「電源ボタンを押す→スワイプで広告を消す→読書」という手順になります。e-inkはレスポンスがスマホなどと比べると極端に悪いため、スワイプで広告を消すときに若干待たされる感じがし、隙間時間に読みたくなる気持ちを萎えさせます。 また無料3Gは、結局のところ大容量の漫画などはダウンロードできないため、魅力減。Kindleはオフラインでも事前にダウンロードした本を楽しむことができるし、最悪スマホのテザリングなどで接続もできるので微妙。 と、いうことで私が買うならこんな感じのランキングになる。 1位 Kindle Voyage(Wi-Fi・キャンペーン情報なし) 2位 Kindle Paperwhite(Wi-Fi・キャンペーン情報なし) 3位 Kindle Voyage(Wi-Fi・キャンペーン情報あり) 4位 Kindle Voyage(無料3G・キャンペーン情報なし) 5位 Kindle Paperwhite(Wi-Fi・キャンペーン情報あり) ホーム画面、読書時のページ送り/戻しなどのレスポンスは一般的なスマートフォン・タブレットと比べると悪い。 ※動画はKindle Voyage しかしながら読書中は、あまり気にならない。紙の本を読む時の「間」の様な感じで、次ページへの期待がコンマ数秒焦らされるのがたまらなかったりします。 どのモデルでも共通して言えるのは、背面の指紋が結構目立つということ。 10万円クラスのスマートフォンと比べるのは酷ですが、よくも悪くも「こんなもんか」という感じ。

ソーシャルアカウント 提携企業様 SOCIAL & PARTNER

  • スーパー乗るだけセットの西自動車商会
  • PLANEX COMM
  • QUATRO GATS 100% JAPANESE LEATHER